ロレックスサブマリーナの増大した精度は、時計製造革新の2世紀波に点火して

精度において前である大きい飛躍は、ロレックスサブマリーナコピーの付加を持つ1657年、その時、およびロバート・フックとクリスティアーン・ホイヘンスの間以来議論された発明品の時に起こった。この革新は、たぶん、たぶん、エラー から を、1日あたり分針の英国の約1680からの面への付加およびフランスの1700を結果として生じる[9]という10分1日[8]あたり数時間 に 減らして時計の精度を非常に増大させた。

ロレックスサブマリーナの増大した精度は、時計製造革新の2世紀波に点火して、動きの他の部分により起こされたエラーに注意の焦点を合わせた。改善される最初の物は文字送り装置であった。端文字送り装置はシリンダーエスケープメントのため品質時計において取り替えられて、1695年にトマス・トンピオンにより発明されて、ロレックスサブマリーナ時計生産のボリュームのいくらかの増加が与えられて、ロバート・フックにより考案された歯切断マシンなどの製造においてジョージグレアムが1720年代.改良にさらに展開した、完成と集合は、19世紀によいまで、まだ手でされていたけれども、。

英国人は17番目と18世紀の多くのためのロレックスサブマリーナ時計製造において支配したけれども、維持される 1843年に、英国時計会社の近くで、大量生産テクニックを持つスーパーコピーロレックス時計製造および複写ツールと機械のアプリケーションを現代化する試みがあったけれども、elite.[10]のための高い高級製品に合わせられた生産のシステム 、このシステムが離陸したのは米国であった。アーロンラフキンデニスンは、交換可能なパーツを使ったマサチューセッツの1851年に、工場を始めて、1861年までに、それは、スーパーコピーロレックス時計会社として含まれている成功した企業を運営していた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です